脳科学サークル過去アジェンダ 2020.10月以降

脳科学サークルは2014年頃から、脳神経外科、脳神経内科、精神科の有志が月1回集まり始まった脳科学のクローズド・ミーティングです。2020年10月からアジェンダを記録することにしました。

 

2020年10月19日 新加入の方の紹介、ジストニア症例検討(森垣)、運動症状評価デバイス開発進捗状況(松元)

 

2020年11月16日 抄読会(宮本)、大学院研究相談(中西)

 

2020年12月21日 抄読会(牟礼)、定位機能神経外科学会予行(森垣、三宅、松田)、パーキンソン病症例検討(牟礼)

 

2021年1月18日 抄読会(中瀧)、ジストニアのMRI解析結果(松元)、定位機能神経外科学会予行(若森)

 

2021年2月15日 学会予行(松元)、赤核振戦症例検討(森垣)

 

2021年2月28日 徳島大学研究クラスターシンポジウム 「脳・心・運動×機械学習・AI」

 

2021年3月15日 抄読会(松田)、パーキンソン病の周辺症状の検討(三宅、森垣)

 

2021年4月19日 新任紹介(小田)、抄読会(藤田, A microstructural neural network biomaker for dystonia diagnosis identified by a DystoniaNet deep learning platform. PNAS 2020)、遅発性振戦視床DBS症例(三宅)

 

2021年5月17日(参加16名、大学院生3名、学部学生2名) 新メンバー紹介(名津井、森脇)、抄読会(森垣、State-dependent resposes to intracranial brain stimulation in a patient with depression. Nat Med 2021)

 

2021年6月22日(参加20名、大学院生3名、学部学生2名) 抄読会(宮本、Mutations disrupting neuritogenesis genes confer risk for cerebral palsy. Nat Genet 2020)、症例検討 赤核振戦淡蒼球内節+視床DBS症例(三宅、森垣)、運動症状評価デバイス開発進捗状況(松元)

 

2021年7月19日(参加16名、大学院生3名、学部学生1名) 新メンバー紹介(大前)、抄読会(牟礼、Comparative connectivity correlates of dystonic and essential tremor deep brain stimulation. Brain 2021)、症例検討 ジストニア淡蒼球内節DBS症例(三宅、森垣)

 

2021年9月13日(参加15名、大学院生3名、学部学生1名) 抄読会(中瀧、Judgments of agency are affected by sensory noise without recruiting metacognitive processing. bioRxivBrain 2021)、症例検討 パーキンソン病視床下核DBS症例(森垣)、臨床研究報告(藤川)

 

2021年10月18日(参加12名、大学院生3名、学部学生1名)  抄読会(松元、AIを用いた画像segmentationについて)、症例検討 パーキンソン病淡蒼球内節DBS症例(三宅、森垣)

 

2021年11月15日(参加15名、大学院生3名、学部学生4名(医3、薬1)) 抄読会(松田、Randomized clinical trial of deep brain stimulation for poststroke pain. Ann Neurol 2017)、Rikaba紹介(中西)、症例検討 本態性振戦視床凝固術症例(三宅、森垣)、新メンバー紹介(首里、植木)

 

2021年12月20日(参加14名、大学院生3名、学部学生3名(医2、薬1)) 抄読会(藤田、Adult onset dystonia: A disorder of the collicular-pulvinar-amygdala network. Cortex 2021)、本態性振戦脳深部刺激療法症例(三宅)、医療領域へのVRの応用~Experience on demandを中心に~(中西)

 

2022年1月17日(参加13名、大学院生2名、学部学生4名(医3、薬1))抄読会(森垣、A MRI method for parcellating the human striatum into matrix and striosome compartments in vivo. Neuroimage 2022)、パーキンソン病脳深部刺激療法症例(三宅)