脳卒中センター

 1999年より脳卒中ケアユニットを開設し、徳島全県より脳卒中の患者さんを24時間体制で受け入れており、さらに2005年より脳卒中センターとして機能を高めています。

 治療としては、開頭手術・血管外科、静脈内血栓溶解療法(t-PA)、急性期血栓回収療法(血行再建術)やコイル塞栓術などの血管内治療を行っており、最新の治療方法を積極的に取り入れ、良好な結果を得ています。

 

 また、集中治療室に3:1の看護体制をとる脳卒中ケアユニット(9床)を確立し、より高度な脳卒中センターに拡充しました。当センターでは、専属のリハビリテーションスタッフによる早期リハビリを行っています。急性期治療が終了後には関連のリハビリテーション病院とスムーズに連携をとり、回復期リハビリが行えるように円滑な連携構築(地域連携パス)にも努めています。

 

 現在、スマートフォンを利用した遠隔画像診断システムを導入し、迅速で正確な診断と治療を実践しています。

 

診療体制:

 

 診療には脳神経外科医と神経内科医があたり、放射線科医、放射線技師の協力の下、最新の画像診断がいつでも行える体制にあります。内訳は、脳神経外科医15名(うち脳卒中学会専門医8名)、神経内科医5名(うち脳卒中学会専門医3名)、集中治療部医師2名です。 

 徳島大学脳卒中センターでは、脳血管内治療専門医 5名が24時間体制で最新のシステムを用いた急性期血栓回収治療を行っています。この治療は、発症4.5時間を経過したt-PA適応外あるいは、t-PAを投与しても改善が得られない脳主幹動脈閉塞の症例に効果的であり、脳梗塞発症後16時間以内に行うことができれば、後遺症を残さずに完全に回復できる可能性が以前より高くなっています。当センターでの血栓回収療法の件数は年々増加傾向であり、2018年度は40件でありました。

 

ロボットスーツHAL(hybrid assistive limb) によるリハビリテーション

 徳島大学脳卒中センターではCYBERDYNE社との協力により急性期リハビリテーションにロボットスーツHAL(hybrid assistive limb)を取り入れています。特に単関節型HALにおいては京都大学と福岡大学と協力の上、急性期脳卒中後の患者さんに対する臨床研究を進めています。

 

左:両下肢型HAL、右:単関節型HAL

徳島大学病院脳卒中センターの入院患者統計

関連