脊椎・脊髄・末梢神経

 徳島大学病院脳神経外科では脊髄・脊椎、末梢神経疾患の手術を行っています。 脳神経外科で椎間板ヘルニアや手根管症候群の治療を行うことに違和感を感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、 本来脳神経外科は脳から末梢神経に至るすべての神経の外科治療を行う診療科目です。 ちなみにアメリカなどでは脳神経外科医の扱う手術の半数以上が脊髄・脊椎疾患です。 当科では脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの脊椎変性疾患を中心に、脊髄損傷や圧迫骨折などの外傷、脊髄血管障害、脊髄腫瘍、二分脊椎などの先天奇形、 手根管症候群などすべての脊髄、末梢神経疾患の治療を行っています。