脳神経外科について

髙木康志教授の挨拶

 平成2910月に徳島大学脳神経外科教授として着任しました。

 当大学脳神経外科は昭和491016日に松本圭蔵先生によって開講され、平成92月からは永廣信治先生によって率いられてきた伝統ある教室です。平成1111月からは全国の国立大学に先駆けて脳卒中ケアユニットを開設し、今では年間300症例以上の急性期脳卒中の患者さんが搬送されます。直達手術、血管内手術により多数の患者さんの治療を行っています。また、脳腫瘍、不随意運動、てんかんに対する外科治療も数多く手がけています。研究の分野においても、脳動脈瘤や脳虚血の分野でめざましい業績を上げています。

 脳神経外科の領域では、脳動脈瘤や内頸動脈狭窄症、脳動静脈奇形などの分野でその自然歴や外科的治療の成績についてのエビデンスが近年数多く蓄積され、より安全な手術が重要になっています。手術テクニックのマスターのみならず、神経モニタリングや術中血流評価システム、ニューロナビゲーションなどを通して安全な手術が施行されています。また、脳神経外科は脳腫瘍に対する遺伝子解析をベースとした新規治療、頭蓋底腫瘍に対する神経内視鏡の適応など、ますますの進歩が認められる分野となっています。

 研究においても、私も手がけてきた神経再生を通して、失われた機能を回復させるべく研究が進んでいます。私は脳動静脈奇形、もやもや病、脳動脈瘤などの難治脳血管障害の外科治療を中心に、頭蓋底腫瘍や脊髄腫瘍などの手術も数多く手がけてきました。

 これからの若い先生方にも、安全な外科手術ができるようにトレーニングを積んでもらうとともに研究活動も行って論理的思考を持った脳神経外科医を育てていきたいと考えています。